よくあるご質問Q&A

Q,井田熔接の「溶接」はどういったもの?

 

A,「肉盛り溶接」です。

 複雑な組み立てなどは「製缶溶接」なので残念ながら出来かねます。

 簡単に引っ付けば良い程度の品物でしたら土合によっては施工させて頂きます。

 

Q,肉盛り溶接とは?

 

A,簡単に言いますと「表面強化・処理」「補修」と考えております。

 品物の強度を必要とする場所にピンポイントで強化・補修することが可能です。

 その為、全体を高価な金属で製作せずとも安価に性能を上げる事が出来ます。

 溶接後、使用し摩耗したものを補修溶接して繰り返しお使いになることが出来ます。

 加工ミスなどによる母材の補修・形状変更も可能です。

 (溶接出来ない材質もございます)

 

Q,使用後の品物に割れが入ったのですが、修正は可能ですか?(鍛造型など)

 

A,可能です。割れ部を除去(ガウジング)した後、形状復元の肉盛りを致します。

 

Q,溶接した境目が使用中に割れたり剥離しないのですか?

 

A,弊社開業以来、そういった事はございません。

 以前鍛造関係のお客様から、新型で使用するよりも溶接補修後の型の方が割れにくい

 とお墨付きを頂きました。

 

Q,熱処理は出来ますか?(焼鈍)(SR)

 

A,出来ます。電気炉にて最高800℃までの熱処理が可能です。

 炉内寸法1700×630×530に入る大きさであれば大丈夫です。

 

Q,ステライトやコルモノイ以外の溶接は行っていますか?

 

A,行っております。お気軽にご相談下さい。

 

Q,若い職人はいますか?

 

A,在籍しております。専務をはじめ30代の職人が数名、日々切磋琢磨しております。

 

Q,完成品まで施工をお願いできますか?

 

A,承っております。

 お得意様に協力して頂き施工可能な物であれば問題ありません。

 (お見積りに少々お時間を頂いていおります)

 

Q,溶接前の加工はどうすればいいですか?

 

A,差支えございませんでしたら、ご提案orご一緒に考えさせて頂きます。

 

その他ご質問、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

TEL06-6301-8252